失敗しない建設業許可申請のコツ

現在、建設業許可の申請手続きを代行している行政書士事務所はたくさんあります。

しかし、だからと言って「どこの事務所にお願いしても同じ」というわけではありません。

例えば、料金だけで判断してしまうと、後になって「こんなはずではなかった」と後悔してしまうこともあります。

後になって後悔しないためにも、ここで「失敗しない建設業許可申請のコツ」を知っておいても損はありません。

(1)あなたにピッタリな事務所を見つけるための、チェックすべき点とは?

料金だけで判断してしてしまうと、あなたにピッタリな事務所を見つけることは、難しくなってしまいます。

行政書士を選ぶときは、以下の項目を確認するようにしましょう。

対 応

行政書士といえどもサービス業に違いはありません。「どういう対応をしてもらえるのか」は重要な点です。

例えば、あからさまな先生目線で対応されてしまったとしたら、気分がよいものではありません。

やはり、ここは気持ちのよい対応をしてもらえる行政書士でなければ、依頼する方もためらってしまいます。

無料相談に行かれる時には、必ず「丁寧な対応をしてもらえるか?」を確認しましょう。

料 金

そうは言っても料金も当然確認すべき点です。

どこの事務所も一般的に、料金は自由に設定されています。安く感じられることもあれば、高く感じられることもあります。

そこで確認すべき点は、その料金に見合うだけのサービスを受けることができるかです。
また世間相場からあまりにもかけ離れている料金設定の事務所には注意が必要です。

経 験

経験年数も、行政書士事務所を選ぶ上で重要になってきます。

「どのくらいの経験年数を持っているのか?」

こういったことも、確認するところです。

他士業と連携

建設業許可ばかりでなく、事業をやっていくと、さまざまな問題が出てくることがあります。

決算書や税金について、従業員の雇用について、会社でしたら役員変更や増資など登記に関すること、ほか法的トラブル、などあらゆる問題が出てくることがあります。

これら問題は、それぞれ税理士、社会保険労務士、司法書士、弁護士、など行政書士以外の専門士業が相談・解決していくことになります。

行政書士を窓口として、ほかの士業に相談できる体制があるのかどうかも、確認すべき点になります。

(2)早めに相談してみる

(1)のポイントをふまえて、早めに相談に行かれることをお勧めいたします。

ご自身であれこれ考えておられるよりも、早く効率よく建設業許可に関する申請が行えます。

今までのお客さまの事例からですが、例えば、

  • 元請けから建設業許可を取りなさいと言われている。
  • 公共工事の入札に参加したいから建設業許可を取りたい。
  • 対外的信用を得たいので建設業許可を取りたい。

といったご相談を伺っております。

このような事例がございますので、早めにご相談されることをお勧めいたします。

最近は、無料相談を行っている事務所が多いですので、余裕がございましたら、比較された上でご相談されるのも良いでしょう。

(3)無料相談の時に伝えるべき点とは?

無料相談に行かれたら、(1)で示しました点を確認することはもちろんですが、次のような事柄を伝えることによって、スムーズに相談やアドバイスを受けることができます。

  • どういう理由から建設業許可をとりたいのか
  • どういった建設工事の種類で許可を取りたいのか
  • 携わってきた建設工事の種類

以上の点を確認することで、あなたにピッタリな事務所を見つけることができるでしょう。

参考になれば幸いです。