建設業許可の有効期間

建設業許可の有効期間は5年間

建設業許可は一度取得すれば、無期限にずっと有効と言うわけではありません。すなわち建設業許可には有効期間が設けられています。

重要建設業許可の有効期間は5年間です。

建設業許可は許可があった日から5年目を経過する日の前日をもって満了します。

例えば平成30年4月6日が許可日であれば、5年後の平成35年4月5日が建設業許可の有効期間の満了日となります。

建設業許可の更新

引き続いて建設業許可を以って建設業を営みたい建設業者は、建設業許可の有効期間が満了する日の30日前までに、建設業許可の更新申請をしなければなりません。

例えば建設業許可の有効期間の満了日が平成30年4月5日とすると、その30日前である平成30年3月6日までに、建設業許可の更新申請をしなければなりません。

大阪府の場合には、建設業許可の更新申請が3か月前より行うことができます。

例えば建設業許可の有効期間の満了日が平成30年4月5日とすると、平成30年2月6日より建設業許可の更新申請を行うことができます。

注意!

ただし建設業許可の更新申請するにあたり、決算変更届を提出しておく必要があります。