軽微な建設工事

建設工事は請負金額により、建設業許可が不要な場合があります。それが軽微な建設工事と呼ばれるものです。

したがいまして、軽微な建設工事を請負うことのみであれば、建設業許可を取得する必要はありません。

軽微な建設工事で請負うことができる請負金額は、建設業の業種により区分されています。

軽微な建設工事
建築一式工事の場合
(A・Bのいずれか)
A.建設工事1件の請負金額 1,500万円未満の建設工事
B.延べ面積が150平方メートル未満の木造住宅工事
建築一式工事以外の場合 建設工事1件の請負金額 500万円未満の建設工事

注意!

(1)請負金額は税込です。

(2)木造住宅とは次のような二つの要件を満たすものを指します。

  • 主要構造部が木造のもの
  • 住宅・共同住宅・店舗などとの併用住宅で延べ面積の2分の1以上を居住の用に供するもの

重要

軽微な建設工事のみを請負う建設事業者であっても、次のような建設工事の場合には、事業者登録が必要となってきます。

事業者登録の種類
解体工事 解体工事業の登録
電気工事 電気工事業の登録