一般建設業許可と特定建設業許可

建設業許可の区分には、一般建設業許可と特定建設業許可というものがあります。

特定建設業許可

特定建設業許可とは、発注者から直接請け負った1件の建設工事をある一定金額以上で、下請業者と下請契約を締結し施工しようとする元請業者が取得する許可になります。

ある一定金額以上の下請契約とは次のように区分されます。

建築一式工事の場合 6,000万円
建築一式工事以外の場合  4,000万円

一般建設業者

一般建設業許可とは、特定建設業の許可を受けようとする建設業者以外の建設事業者が取得する許可になります。