知事許可と大臣許可

建設業許可には、知事許可(都道府県知事許可)と大臣許可(国土交通大臣許可)の2種類があります。

知事許可とは、各都道府県知事が建設事業者に建設業許可を与えるものであり、大臣許可とは国土交通大臣が建設事業者に建設業許可を与えるものです。

知事許可と大臣許可の区分は、建設事業者の営業所の設置状況により決まっています。

知事許可

建設事業者が一つの都道府県の区域内のみに営業所を設け、建設業の営業をしようとする場合には知事許可になります。

例えば、大阪府内のみに営業所を設けて、建設業の営業をしようとする場合が知事許可にあたります。

大臣許可

建設事業者が二つ以上の都道府県の区域に営業所を設け、建設業の営業をしようとする場合には大臣許可になります。

例えば、大阪府内と兵庫県内にそれぞれ営業所を設けて、建設業の営業をしようとする場合が大臣許可にあたります。

なお知事許可であっても、営業所の設置区域内のみでの建設業の営業が制限されるわけではありません。他県に営業所を設置しない限り、知事許可であっても、他県での建設業の営業はできます。

例えば、大阪府の知事許可しか持っていなくても、となりの兵庫県や京都府で建設業の営業はできます。また遠くの愛知県や東京都でも建設業の営業はできます。