よくあるご質問

Q:料金はおいくらですか?

A:建設業許可の新規申請・更新申請・決算変更届などの各種料金は、こちらの料金表のページに記載しております。
ご参照ご検討くださいませ。

Q:料金のお支払方法には何がありますか?

A:現金、もしくは銀行振込でのお支払いになります。

Q:初回相談の時、何か自分で用意するものはありますか?

A:新規申請の場合は、建設業に従事されておられた経歴をメモ書きでも構いませんので、ご用意ください。また建設業に関連する資格をお持ちでしたら、その資格証のコピーをご用意ください。

更新申請の場合などは、その旨をお伝えいただければ、ご用意いただくものを分かりやすくお伝えいたしますので、ご安心くださいませ。

Q:行政書士に依頼しなくても、自分で申請手続きはできますか?

A:はい、行政書士に依頼しなくても、ご自身で建設業許可の申請手続きを行うことはできます。
ただ、ご自身で建設業許可の申請手続きを行うと、労力と時間の面でマイナスになってしまうことが多々あります。
建設業許可の申請手続きは、手間や時間の事を考えると、行政書士に依頼したほうがメリットが大きくなります。

余計な時間や労力をかけたくないのであれば、ご相談いただくことをお勧めいたします。

こちらまで来てほしいのですが、お願いできますか?

A:はい大丈夫です。お客さまのご指定される場所までお伺いいたします。

当事務所の特徴はこちら

Q:平日は忙しいのですが、休みの日に相談に乗っていただけますか?

A:はい大丈夫です。事前の予約制となっておりますが、平日にご都合がお悪い場合には、土日祝日の対応もしております。
まずはお電話かお問い合わせフォームよりお気軽に当事務所までお問い合わせくださいませ。

当事務所の特徴はこちら

Q:日中は忙しいのですが、夜間に相談に乗っていただけますか?

A:はい大丈夫です。事前の予約制となっておりますが、日中にご都合がお悪い場合には、営業時間外の夜間対応もしております。営業時間外の夜間対応は、平日19時から22時まで可能です。
まずはお電話かお問い合わせフォームよりお気軽に当事務所までお問い合わせくださいませ。

当事務所の特徴はこちら

Q:追加料金の請求はありませんか?

A:はい大丈夫です。当事務所では、お客様と事前に十分なヒアリングをした後に、見積書を提示し、見積金額以上の費用はいただくことはありませんので、ご安心くださいませ。

当事務所の特徴はこちら

Q:全く要領が分からないのですが、それでも大丈夫ですか?

A:はい大丈夫です。要領が分からなくても全く問題ありませんので、ご安心ください。
専門的な知識や用語が多いので、分からないところは、すべて丁寧にお答えいたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。