行政書士に相談しないデメリット

ご自身で行うデメリット 行政書士に依頼するメリット
労力 建設業許可について、本や役所のマニュアルを読まなければならず、一つの事を調べるにも労力がかかってしまうことに… 書類の作成や、役所の手続きも、すべてお任せできるので、負担がありません。
時間 建設業許可について、分からないことがあれば、その都度、本で調べたり、役所に問い合わせたりして、時間がかかってしまうことに… 分からないところは、その都度、教えてもらえるので、時間の節約になります。

上記のように、ご自身で手続きを行うことで、かえってデメリットになることが出てきます。

行政書士に相談することで、デメリットを防ぐことができます。

行政書士に相談する上でも、大きなメリットとなるのは、次の3つと言えます。

  • わずらわしい調べ物から解放されます。
  • めんどくさい書類作成から解放されます。
  • 役所に出向く必要はありません。

わずらわしい調べ物から解放されます。

建設業許可については、いろいろと必要な要件があり、それらをご自身でいちいち調べていくと、慣れないうちは、労力と時間がかかって仕方ありません。

もしそういった調べ物がなければ、もっとご自身のお仕事に集中することができ、売上向上にもつなげることができます。

行政書士は、建設業許可に関する知識があり、また調べ物を効率よく行うことができます。

めんどくさい書類作成から解放されます。

建設業許可については、いろいろと必要な書類があり、それらをご自身でいちいち作成していくと、慣れないうちは、労力と時間がかかって仕方ありません。

もしそういった書類作成がなければ、もっとご自身のお仕事に集中することができ、売上向上にもつなげることができます。

行政書士は、こういた書類作成に慣れているため、スムーズかつ丁寧に行うことができます。

役所に出向かなくていいです。

建設業許可の申請手続きについて、役所の窓口では、平日の日中しか行ってくれません。
ご自身でそれを行う場合、平日の日中に時間を割かなくてはいけないことになります。

もしそういった申請手続きがなければ、もっとご自身のお仕事に集中することができ、売上向上にもつなげることができます。

行政書士は、こういた役所に対し申請手続きの代行ができます。

このように、行政書士にご相談いただくことで、

  • わずらわしい調べ物から解放されます。
  • めんどくさい書類作成から解放されます。
  • 役所に出向く必要はありません。

こういった多くの点で、メリットを得ることができます。